リマインダー+ 1.0.1 [iPhone] [iPad] – カスタマイズ性に優れ、iOS 標準のリマインダーにすばやく簡単に項目を追加できる

リマインダー+"リマインダー+"を使うと、Appleのリマインダーアプリにもっと簡単に項目を追加することができます。

  • 起動してすぐに入力態勢。
  • タイトルをプリセットから簡単選択
  • デフォルトアラーム
  • 豊富なカスタマイズ性能

リマインダー+』は、先にご紹介した iOS 標準の「カレンダー」に簡単にイベントを追加できる『カレンダー+』のリマインダー版です。

iOS 標準の「リマインダー」にすばやく項目を追加できます。利用には、iOS 6 以降が必要です。

Download : リマインダー+ (App Store)
サポート : Reminders +

リマインダー+』を起動すると、すぐにリマインダーの入力画面に。

タイトルの横にあるブックマークボタンをタップすると「ショートカット」画面に遷移し、あらかじめ登録した、よく使う項目をワンタップで入力できます。自動的に入力の履歴を記録する機能も備えており、編集モードにすると、記録する数を変更できます。
screenshot

「期限を設定」をタップするとカレンダー画面に遷移します。

標準の「カレンダー」「リマインダー」に登録済の項目を表示し、確認しながらリマインダーを設定する日を決められます。

日付をタップすると、その日に登録済の項目一覧をポップアップで表示し、期限の日付が設定されます。上にスワイプして、カレンダーのみの表示に切り替えも可能。
screenshot

デフォルトのスタイルのほか、月をまたぐ予定を確認するのに便利なスクロールカレンダー、週間カレンダーにも切り替えられます。
screenshot

期限時刻の設定は、テンキーのほか、ほかの予定を確認しながら時刻を調整できる日ビュー、一般的なピッカーの中から好みの入力方法を選択可能です。
screenshot

繰り返しのカスタマイズ性にも優れ、iOS 標準の「リマインダー」アプリケーションではできない「毎週○曜日と●曜日」「毎月○日と●日」といった複雑な繰り返し設定にも対応しています。
screenshot

通知の設定も可能。指定した場所に近づいた時に通知する「位置アラーム」の設定にも対応しています。
screenshot

リマインダーの入力が完了したら、画面右上の「保存」ボタンをタップ。編集した項目が「リマインダー」に追加されて、新規入力画面に戻り、次々にリマインダーを追加できます。
screenshot

また、設定で、週の開始曜日、非表示にする曜日を指定したり、使用しない入力項目を隠すなどのカスタマイズをおこなえます。
screenshot

iPad にも対応しているユニバーサルアプリケーションです。
screenshot

Download : リマインダー+ (App Store)
サポート : Reminders +