Default Folder X 4.5.2 [Mac] – iCloud 対応アプリケーションのデフォルトのフォルダも指定可能、オープン/セーブダイアログを強化する

Default Folder Xオープン/セーブダイアログ(シート)を強化する環境設定パネル

What’s New (v.4.5.0)

  • Default Folder X is now fully compatible with Mac OS 10.8.2.
  • Default Folder’s user interface is now enhanced for Retina displays.
  • Default Folder X now forces Open and Save dialogs to start in the last folder you used to open or save a document. It remembers separate "last used" folders for each application, and for each application, separate ones for Open and Save. If an iCloud-aware application creates a new document, the default save location will be your last Save folder, not iCloud (unless you last saved to iCloud, of course).
  • Added full support for iCloud. Note that you can get to iCloud using the computer menu (the second button from the top) in Default Folder X’s toolbar.
  • Added a new AppleScript verb, GetSaveName, so that AppleScripts can both get and set the name of the file in a Save As dialog.
  • Added support for MailTab for Gmail, MailTab Pro, Concentrate and SnapNDrag.
  • Folder sets are now sorted alphabetically.

ひさしぶりの紹介です。

旧 Mac OS 時代から愛用している、オープン/セーブダイアログ(シート)を強化する環境設定パネル『Default Folder X』がアップデート。
screenshot

Download : Default Folder X

インストール後、システム環境設定の「Default Folder X」パネルで、デフォルトのフォルダを指定するアプリケーションを「追加…」ボタンをクリックして選択するか、「デフォルトのフォルダ」タブにドラッグ&ドロップし、ダブルクリックで表示するダイアログからフォルダを指定します。
screenshotscreenshot

OS X Mountain Lion では、iCloud 対応アプリケーション起動時に「iCloud」を開くようになりましたが、『Default Folder X』を使えば「iCloud」ではなくアプリケーションごとに指定したフォルダを開くようになります。
screenshot

また、ホットキーをよく使うフォルダに割り当てて、ホットキーで素早くフォルダを開くこともできます。
screenshot

ダイアログで選択したファイル/フォルダの名称を変更したり、Finder に表示、ゴミ箱に移動、Zip アーカイブの作成も可能。
screenshot

ダイアログの右側に表示するアイコンから、よく使うフォルダ、最近使ったフォルダ、Finder で開いているフォルダへも簡単に移動できます。
screenshot

オープンダイアログでは、下に表示するパネルでファイルの情報を確認したり、画像/オーディオファイルのプレビューも可能です。
screenshotscreenshot
セーブダイアログで、ファイルを保存する際に Spotlight コメント、タグをつけたり、ラベルを設定することもできます。

複数のフォルダセットを作成可能。作業環境に応じて、デフォルトのフォルダセットを切り替えることができます。
screenshot

$34.95 のシェアウェアです。30日試用できます。

Download : Default Folder X
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする